FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国バイコロジー・シンポジウム2010in福岡・那珂川町大会 
Jスポーツプロロードレース解説者 栗村修氏がトークショー・パネリストとして来町します!
サイクリングを楽しむ愛好者が多い福岡県。自転車が生活の一部だと言う人も、普段は車にしか乗らない人にも、環境と健康にいい自転車をもっと活用したくなるシンポジウムです。
快適なサイクルライフを確認する自転車の祭典とも言える全国大会です。
シンポジウム・メインイベントに参加者された方(820席限り)へは地場産のお米1kgを差し上げます(小学生以上が対象)
メインイベント概要
◎ バイコロジーシアター:寸劇「バイコロジーがやってきた」~バイコロジーって何だろう~
◎ 基調講演:健康的な自転車の町作り(県車連会長 山 順氏)
◎ シンポジウム:パネルディスカッション(福大山口教授・栗村修氏ほか多彩なメンバーによる)
◎ 記念トークショー:栗村修氏、福岡のサイクルクラブの代表ほか
関連イベント概要
◎ 自転車市民権宣言パネル展示と署名コーナー
◎ 「新城幸也選手を科学する」来町記念写真・ポスター展示コーナー
H22年12月23日実施の関連イベント報告。

◎ 全国自転車月間 小・中学生絵画・作文コンクール優秀作品の展示
◎ サイクルグッズや関連図書の販売コーナー
サイクリスト向け関連イベント概要
開催日程平成23年1月16日(日) 午前中
募集・参加料    ①第3回MTB・デ・セフリ~ノ・・・MTBクリテリウム50名、MTBジュニア20名(小学生・中学生各部門)
                  合計 50名
参加料¥1,000(1人スポーツエントリーへ申し込み)3位まで表彰・記念ステッカー・お弁当・保険代、シンポジウムにも参加者は、地場産お米1kg進呈(小学生の参加は大人同伴が必要です。)
②第6回ツアー・オブ・なかがわ・・・自宅スタートのシティーライド~那珂川町文化財散策ポタリング 
 300名 
                  参加料¥1,000(1人スポーツエントリーへ申し込み)記念ステッカー・お弁当・保険代、シンポジウムにも参加者は地場産お米1kg進呈(小学生は大人の併走および参加が必要です。) 
③思い入れのある個人の自転車の展示
参加料 無料 30名 記念ステッカーとシンポジウムにも参加者はお米1kgなどを差し上げます。
スタンド・キャプチャーはこちらで用意します。どんな思い入れがあるのか申込書の初手欄に記入してください。字数問わず、車種も問いません。(ママちゃり~ロードバイク)
※午前中のサイクリングなどに参加後に展示も可
開催場所・会場 福岡県筑紫郡那珂川町仲2丁目5-1 ミリカローデン那珂川 文化ホール(メイン会場)
① MTB那珂川町山田地区常設コース(朝9時までに会場第2駐車場集合受付けレース会場へ移動)
② シティライドサイクリング・ポタリング 自宅~町内文化財エリア全域
③ 思い入れのある個人の自転車の展示(会場エントランスホールに当日持ち込み、当日持ち帰り)
       (会場問い合わせ先) ミリカローデン那珂川 電話092-954-2211、090-8666-4514
       (①~③問い合わせ先) バイコロジー・シンポジウム運営委員会 問い合わせ専用090-8666-4514
大会スケジュール
① 9:00~MTB受付け~開会式ごRACE会場へ移動~レース~11時半終了会場へ~会場和室にて昼食~13時シンポジウム開催
② 自宅などからスタートのシティライドサイクリングは自由スタートですが、会場コーナーで地図を受け取り、那珂川町文化財散策してください。11時半終了会場へ~会場和室にて昼食~13時シンポジウム開催


主催:全国バイコロジー・シンポジウム2010in福岡・那珂川町大会
    バイコロジーをすすめる会(代表幹事:(財)日本自転車普及協会
共催:(財)那珂川町教育文化振興公社、那珂川町総合型地域スポーツクラブ「スポーツBRANDEX福岡」
大会案内チラシURL:http://www.bikecology.bpaj.or.jp/event/2010/post_2.html
大会進行問い合わせ E-mail : info@velostyle.jp URL: http://www.sports-brandex.jp

全国バイコロジー・シンポジウム2010in福岡・那珂川町大会
関連イベント参加申込書
フリガナを漢字の上に書いて下さい。 性別 血液型
氏名  
参加の方は一人1枚提出下さい。 フリガナ □を☑する
□男 ・□女
      型
住所
〒   -
電話
当日の車種
携帯
区分
参加の種目に☑を入れる。下線必須書込 □MTBクリテリウム □MTBジュニア
□シティライド サイクリング
□思い入れのある自転車の展示希望 年令(大会当日)
才 学年等(○で囲む)
小学     年生
中学     年生 
チーム又はクラブ名
学校名 など 生年月日S・H 
年  月  日
大会へ向けての一言メッセージ
思い入れのある自転車の展示希望の方へ
どんな思い入れのある自転車でしょうか?(必須)
字数は問いません。
こちらで、キャプチャーにつけて展示いたします。

◎ スポーツエントリーWEBサイト以外からご送金の場合は、下記あてお願いします。手数料はご負担下さい。
●郵便局の青色振替用紙で、(口座番号)01740-1-87899 、(名義) ツール・ド・福岡実行委員会
誓約書 私は、大会募集要項等に記載された事項を厳守し、大会中は健康管理に細心の注意を払い、万一の対人・対物事故の場合には全ての会場及び大会関係者に対し一切の責任を問わず、自己の責任において処理する事を誓います。私は今大会中に万一事故の場合、大会主催者が一時応急処置を行う事を承知します。私は今大会に関連して、名前および写真を大会主催者が報道機関などへ自由に提供・使用することを認めます。 なお、申込書内容は住所・氏名・生年月日等偽りの無い事を誓います。     平成  年  月  日   
参加者署名             ㊞、18歳以下申込者の保護者署名             ㊞
スポンサーサイト
12月23日(祝・木)新城幸也選手ご本人に、那珂川町はミリカローデン那珂川(文化センター)研修室に来ていただき、クラブ内研修も含めた実技指導を受けました。
質問コーナーではVC福岡代表の日隈優輔選手とMCの飯島美和さんのサポートと実技指導の相手役として手馴れたお手伝いをしていただきました。大変ありがたく会が盛り上がりました。
簡略ですが、下記に報告をします。

指導の中に総合型に匹敵する内容がそこかしこに、新城選手の言葉から出ました。
お呼びして良かったと感じました。
                   記
<ローラー台編>
3本ローラー、固定ローラーともに活用している。
・身近に競輪の長谷川選手おられたので、最初に彼からペダリングやフォームを習っている。
(競輪選手は3本ローラーでの練習が多い)
・ここで実演してもらったが、重心がぶれない素早いペダリングは目を引いた。
・かかとを下げ過ぎない、上げ過ぎないスムーズなペダリングが求められる。(足首が早く疲労する)
・前傾姿勢でハンドルを離してペダリングなど重心の置き所を披露してくれた。

<トレーニングについて>
・いろんなスポーツをしたほうが良い。
・ハンドボールやトライアスロンをやっていた。
・バイクでの落車は避けられないので、バレーボールなどなど転び方を習得できるスポーツをやっておく。
・また、バイクでの落車時は手を付かない事。鎖骨骨折につながる。
・新城選手は落車はあっても骨折はない。

<私生活、自己管理>
・よく食べること。
・よく寝ること。(ある時は夜10時から朝8時まで寝る)
・専属のマッサージャーはいない。
・彼曰く・・・ストレッチはあまりしない。
・フランスで食事して身長が1cm伸びた(26歳)

<バイク>
・あまり気にしないタイプらしい。サドル高はシーズン入りで調整したら終わるまでそのままの高さ。
・23日のバイクは53×39ノーマルであった。

皆さん気が付いたらコメントに加筆してください。
すでに往復ハガキで新城選手への熱い思いを胸に、参加の申し込みが増えてきました。
カップルで!是非とのハガキも・・・大丈夫です!ご安心下さい。一人引き当たればお2人で参加できますddece91250ad9318.jpgarashiro_yukiya.jpg


カップル・ご夫婦・友人(同性でも可)の方は、ハガキは一人づつ投函いただきますが、どなたと参加したい旨お書き添え下さい。よって、引き当たる確率が2倍になりました。
午前10時~12時は下草刈で「山田アウトドアスポーツの森」MTBコース延伸作業をします。
少しづつの集まり自由ながら、地主さんであり会員のHさんとNPO法人なかがわ自然楽会の
森を愛する方々が刈り払い機3機を用意してくれます。
お時間ある方、是非お手伝いを!
CAUJ9NR7_convert_20100809194457.jpg
さて、午後1時~3時までマウンテンバイクレースを行います。
寒さで身体を縮込ませているあなた!
行ってみましょう林間コースは気持ちいいですよお!
内容は新しいmenu「MTBクリテリウム」もやってみようと思います。
よしや兄がんばる

おしるこ打ち上げも予定しています。そん所そこらじゃやってない!主婦参加の総合型MTBレース
子供たちはすぐに劇のシナリオ進行をおぼえるんですねえ。
一輪車
今日は、全国バイコロジー・シンポジウムの劇団寸劇一輪車練習の説明や会場の大きさチェックも兼ねて、脚本家のMさんとスマイルキッズの皆さんと振り付け練習をちょっとしました・・・。
子供たちは楽しそうに頑張ってました。
劇団振り付け練習


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。