上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我がクラブは(財)那珂川町教育文化振興公社と共催の形で開催させていただきました今年(1月16日)の全国バイコロジー・シンポジウムin福岡・那珂川町大会の成果が少し出てきました。
パネリストの福岡大学スポーツ科学部教授山口先生のシンポジウムの〆の下記の言葉を脳裏に焼き付けてクラブ推進を心がけています。
『大きなことをやって行こうとすればするほど、それぞれの価値観がぶつかるんですね。そうなった時に 例えば、福岡市と那珂川町と独立性は大事なのですが、それぞれのプライドがぶつかってうまく行かない時があるかと思います。あるいはいろんな団体のプライドだったりがぶつかる。
広く大きな力を作っていくためには、やっぱり「閉じない」ということがすごく大事だと思います。
「開かれている」と言う多様な価値観があって、「それは自分たちと違うから、自分たちだけでやる」と言う発想をしてしまうと、絶対に失敗するとおもいます。ですから「常に開かれている」と言う事、別の価値観を持っている人を尊重する。そういった基本的なスタンスを持って行けば、おそらく、かなり大きなことがどんな雰囲気の時も出来ると思います。』

やってみようとすればするほど、言われた気持ちの転換はかなり努力が要ることに気付きました。

さて、ロード部門・トラック部門はこれから整備しないといけませんが、3ヶ月間でどこまで出来るかと教室など毎週すすめてきました。
総合型地域スポーツクラブ、陸上は自己新記録更新は日常茶飯事、シンポジウムで素敵なパフォーマンスを披露してくれましたが(宇都宮ブリッツェン栗村修監督も、可愛くてカメラにバチバチ収めましたと記念トークショーでおっしゃってましたが・・・)一輪車は西日本大会に初出場、そして自転車部門マウンテンバイクレースで下記のとおりです。
MTBセキアヒルズカップ2011


家族会員のヨッシャーさんからクラブにいただいた「九州MTB2耐セキアヒルズCUP2011」イベント報告、レース結果をもとにお知らせします。

5月8日やってくれましたteamBRANDEX!家族会員のヨッシャー父・長男チームが2位になりました。
長男R君は、まさか入賞するとは思っていなかったのと、暑いのとでチームジャージを脱いでしまっての表彰台(お父さんの説明、写真)・・・一人着てればOKOK(笑)
小学6年のS君・ママチームも2時間耐久レースで頑張ったようです。
(ほとんどSOUMAが走っていました。とパパさん)

「自分達のように家族で参加しているチームもあり、お互いに楽しく競い合いました!」
このレースは午前中で終了し、その後にホテルのイタリアンバイキングランチと温泉がセットになったレースなので子供達とママはレース後も大満足でした。(お勧めしたとおりでしょう(笑))
九州MTB少年リーグは小6年・5年・4年が混合レースで次男S君完走お疲れ様。
中学生部門では長男R君が5位でした。上位のレベルは高く、いい経験になったと思います。さて、仲間を増やしましょう!地域密着型の総合型でも、もう少しで仲間がぐーんと増えますよ!
あのバイコロジー・シンポジウムで山口先生や栗村さんから力をもらった結果です。
毎週実施の一輪車教室の女の子や、サイクルサッカー教室の男の子(女子もいますが笑い)の中からスポーツ交流の成果が出てきました。
MTBジュニアチームの誕生の日が近いです。
地元、那珂川町や近隣の森林での教室も今後充実させます。そして今回行けなかったけどレースサポートも!
ジュニア向けの、クラブ事業で実施している「お下がりシステム」も好評です。
お子さんを是非!
セキアヒルズMTB運営本部の大会運営のお勉強ブログは⇒http://www.sekiahills-cup.com/?p=683
反省会のことも書いてあります。運営に関心のある方はご覧ください。
また、ロードクリテの「きらら浜サイクルミーティング」のHPにも収支報告が'09年11月までのものですがクリックすると出てきます。総合型のスポーツプロダクト事業に似た大会なので、'10からはSUTAFF内で確認だけなのでしょう。それで、オープンにしていないのかもしれません・・・。⇒http://www.geocities.jp/yamaguchi98_cf/kirara/index.html
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sbrandex.blog9.fc2.com/tb.php/131-155f24ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。