上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ那珂川町に福大の田中教授が講演を開いてから・・・いますねえ。
でも私は朝練でしか「その走りをする方を見ていません!」
私は県主催のアウトドアスポーツ指導者講習会で田中教授に習ったのですが、
脱力系な走り方なので昼間はちょっと・・・なのでしょうか?
でもですよ!サイクルスポーツと同じで、この楽な方法でやせられるのですから
やってみませんか!?
スロージョギングでやせる!

実際に走ってみると、なるほど楽に長距離を走れました。

私たちの安静時の乳酸の値は1.0~2.0です。
この2.0の値ぎりぎり=乳酸閾値(いきち)ペースで行うと効果抜群!
通常の走りも早くなるそうです。

今月17日に総合型クラブスポーツエクスチェンジで、このスロージョギング教室を開き紹介します。
ぜひ!秋のグリーンピアなかがわキャンプ村へお越し下さい。

ちょっと走り方を紹介しておきますね。
口は半開きエアは自然と入ってくるように、少し身体を前傾、歩幅よりずっと狭いストライドで・・・さて、ここが肝心『つま先で着地』、微笑みながら、仲間とお話をしながら・・・なのでグループトレーニングが主になりますかね?ひとりでしゃべって、微笑んで走っていたら・・・気味悪いですからねえ。((笑))

田中教授の動画Part1はこちら
田中教授の動画Part2はこちらです!是非覗いてみてくださいね。
スロージョギング
NHKためしてガッテンより詳細はこちら
このようなトレーニングは、マラソンのトップレベルの選手も普段から行っているそうです。
トップ選手を数多く指導しているトレーナーによると「トップ選手でもゆっくり走る練習に多くの時間を使っている。スロージョギングはトレーニングの基本中の基本で速くなるには不可欠。」とのこと。
もっと速く走りたい方は、乳酸閾値(いきち)ペースのスロージョギングに挑戦してみて下さい。

※ただし、速く走れば、足腰への負担は大きくなります。足腰に不安のある方は、無理をせず、ゆっくりのペースを守って下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sbrandex.blog9.fc2.com/tb.php/91-6853056c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。